店長日記

いらっしゃいませ!
ネットショップ担当の和田 浩一です。
神奈川の地酒を中心とした日本酒、焼酎、ワインなど、愛してやまないお酒たちの魅力を発信するため、日々頭を悩ましてします!
ホームページに掲載しきれていないアイテムも多々ありますので、近くまでお越しの際には是非実店舗の方にもお立ち寄り下さい!

日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー(ソムリエ)
店長日記はこちら >>


 
最新情報はFacebookページで

携帯ページ

HOME»  神奈川県の地酒»  隆(りゅう) 純米吟醸 亀の尾 火入れ 720ml/川西屋酒造店

隆(りゅう) 純米吟醸 亀の尾 火入れ 720ml/川西屋酒造店

隆(りゅう) 純米吟醸 亀の尾




隆 純米吟醸 亀の尾55 火入れ 720ml



醸造元:川西屋酒造店


隆のラインナップに「亀の尾」が仲間入り!
芯の通った亀の尾独特の深い旨味と辛みのバランスが良く、
冷や~熱燗までイケる酒質です。

今では多くの酒蔵で使われるようになった
酒米『亀の尾』ですが、
久須美酒造さんが復活栽培するまで、
ほぼ忘れ去られていた幻の酒米でした。

漫画「夏子の酒」の中で、
復活栽培をモデルに描かれたことで
(作中では名前が違いますが)
多くの人に知られ、現在では亀の尾を使った銘柄が
多く造られています。

実はコシヒカリやササニシキ、
つや姫などの品種の先祖となる品種でもあります。


今回、川西屋酒造店さんの使用した亀の尾を栽培するのは
宮城県の黒澤さんの造る「黒澤米」の亀の尾です。
この黒澤さんは知る人ぞ知る米造りの名手で、
農薬はもちろん化学肥料も一切使わず
外部からのものは一切使わない
自然な堆肥のみで栽培する造り手さんです。

亀の尾自体が化学肥料との相性が悪いので、
(米がもろくなるらしいです)
黒澤米の亀の尾は非常に良い
品質なのだろうと容易に想像できます。


味わいは亀の尾独特の深みのあるしっかりとした旨味があり、
酸味と後口に感じるピリっとくる辛みが
全体のバランスを支えています。
冷酒~常温はもちろん、熱燗(50度)までイケる酒質です。
じっくりと腰を据えて、
色々な温度帯で楽しみつつゆっくりと
飲んでいたいお酒です。

ちなみにラベルの金色の部分は
「亀の(乃)尾」の文字を、実際の亀に見立てています。

とてもインパクトのあるラベルです。




◆アルコール度:15度
◆原料:米、米麹
◆原料米:宮城県産”黒澤米”亀の尾
◆日本酒度:+6.5
◆使用酵母:7号系
◆酸度:1.6
◆精米歩合:55%
◆容量:720ml




隆(りゅう) 純米吟醸 亀の尾


※隆(りゅう) 純米吟醸 亀の尾 火入れ 1.8Lはこちら。

  • 隆(りゅう) 純米吟醸 亀の尾 火入れ 720ml/川西屋酒造店

  • 販売価格

    2,255円(税込)

  • 在庫

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品