店長日記

いらっしゃいませ!
ネットショップ担当の和田 浩一です。
神奈川の地酒を中心とした日本酒、焼酎、ワインなど、愛してやまないお酒たちの魅力を発信するため、日々頭を悩ましてします!
ホームページに掲載しきれていないアイテムも多々ありますので、近くまでお越しの際には是非実店舗の方にもお立ち寄り下さい!

日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー(ソムリエ)
店長日記はこちら >>


 
最新情報はFacebookページで

携帯ページ

HOME»  神奈川県以外の地酒»  【小田原産酒米100%使用】 左岸 純米吟醸 生モト造り 1.8L/井上酒造(神奈川)

【小田原産酒米100%使用】 左岸 純米吟醸 生モト造り 1.8L/井上酒造(神奈川)

左岸



左岸(さがん) 純米吟醸 1800ml

醸造元: 井上酒造(神奈川県大井町)



野生のめだかの住める水田を残す活動により生まれた


小田原市産のめだか米を100%使用。


柔らかく爽やかな味わいの純米吟醸。




神奈川県西部、小田原市の北側に桑原という地域があります。
ここは神奈川県内で唯一、野生のメダカが生息する場所です。
ですが、田んぼの休耕地により生息地が奪われ、その数は減りつつあります。
この野生のメダカの保護、延いては田んぼや周辺水路などの維持を目的とし発足された
NPO法人「桑原メダカ米の会」は、休耕田が拡大しないように周辺農家から
米を相応の対価で購入し、賛同する団体・個人に「めだか米」として販売してきました。

その後、活動に賛同した兼業農家の有志たちが「おだわら農人めだかの郷」を立ち上げ、
すでに休耕田となっている土地を引き受けるなどし、耕作地は拡大してきています。

この活動の一環として、酒造適合米である「吟のさと」を栽培、
地元酒蔵の賛同を得、めだか米を使ったお酒が日の目を見ることとなったのです。

大井町にある酒蔵、井上酒造さんの造るこの『左岸』は、
めだか米(吟のさと)100%使用した純米吟醸。
左岸という名称は桑原の田んぼが、
近くを流れる酒匂川の左岸に位置することから名付けられました。

柔らかく爽やかな旨みがあり、程よい香り立ちの上品な味わいで、
ふっくらした旨味をベースに生酛らしい酸味と力強さがプラスされ、
より進化した酒質になっています。

井上酒造さんは28BYより若手の杜氏を抜擢。
今後さらに注目の酒蔵です。




左岸

◆使用米:めだか米(小田原産吟のさと)
◆精米歩合:55%
◆アルコール度数:15度
◆日本酒度:+0
◆酸度:2.0




※左岸 純米吟醸 720mlはこちら。





 

NEW

  • 【小田原産酒米100%使用】 左岸 純米吟醸 生モト造り 1.8L/井上酒造(神奈川)

  • 販売価格

    3,520円(税込)

  • 在庫

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品